オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ました

Posted on 5月 17, 2016 in IT

モバイルインターネットサービスには、WiMAXの他にも様々なサービスがあります。
一つの例として、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEがあります。

このサービスは確かに速度制限はありませんが、下り最大通信速度はわずか3Mbps程度です。

ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限時のWiMAXよりも低速です。そう考えると、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べると、いつも速度制限状態と変わりありません。(GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンのお得感が向上中!から)

 

近ごろ、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。
例を出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。

 

並びに、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入してます。いずれの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。

WiMAXの契約時、料金プランの選択が必要です。

 

プロバイダによって多少の違いはありますが、大体、2種類の料金プランが存在します。

その料金プランとは、通常プランとギガ放題プランです。ギガ放題プランだと月額料金が高くなりますけど、月間通信量による速度制限の無い料金プランとなります。
一方で、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。
自分の通信環境に合わせた形で、どちらか片方の料金プランに決めましょう。WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは、数社存在します。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、この点、お気を付け下さい。一例ですが、長く契約期間を続けるなら、Broad WiMAXと言うプロバイダが最もお得な月額料金になります。
このように、選択したプロバイダによってお得感が変化しますから、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。
WiMAXを利用していて感じるメリットは、複数あります。
最初に、モバイル回線って事で、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。

二つ目が、モバイルの通信規格と言う点で、ネット開通に伴う工事は不要です。
なおかつ、無線を使ったサービスと言う事で、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。また、速度の制限が厳しくないと言うところも、WiMAXのメリットと言えるでしょう。

WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、期間内に解約をすると契約解除料を取られてしまいます。

それだけ長い契約期間になっていますから、きちんとしたところに申し込みを行いたい所です。意外と見逃されがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。電話対応が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。WiMAXサービスの口コミを読んでいると、ポジティブな意見ばかりではありません。例として、電波がプツプツ途切れるだとか、そう言うネガティブな書き込みもあります。

ですけども、WiMAXの通信環境は日々改善されています。

 

従って、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。
WiMAXに関する口コミを読む際は、古いものは信ぴょう性が落ちると認識しながら読みましょう。

 

WiMAX通信を行なう為の機器は、常に進化を続けています。

その中においても、通信速度の改良は目を見張るものがあり、今の時点で、下りの最大の通信速度が220Mbpsと言うスペックに達しています。とは言っても、最近は通信速度よりも、通信量の通知機能に対して注目が集まっているようです。

新型WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。
と言うのは、回線の混雑を避ける為に設けられた3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にして実施される速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。そう言う訳で、製造会社及び使用者的には、注目がここに集中していると言えます。

確かにWiMAXには通信制限がありますが、そんなにハードなものではありません。ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。混雑回避の為の速度制限に関しても、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。速度制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。
WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。
結構な金額となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。
そう言うわけで、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。WiMAXの提供元となるのは、auの子会社であるUQコミュニケーションズです。

なので、auに連携したサービスがいくつか存在します。その中で代表的なものが、auスマートバリューmineと言えます。

WiMAXサービスの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの月額料金が安くなるサービスとなります。WiMAXサービスの月々の利用料金ですが、実を言うと、契約先によって料金が違います。
例を挙げると、Broad WiMAXは最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が値下げされます。

 

そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高額になります。こう言う風に、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を決めましょう。
WiMAXの通信を行なう為に、専用のWiMAX端末が必要です。新製品が次々と登場し、これまでに無い機能を持ったものもあります。具体例を言うと、WiMAXしか対応していなかったWiMAX端末ですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。その他にも、通信速度が年々速まっています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された際も、通信速度が倍に速くなりました。
WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典が付いて来ます。特に便利なのは、公衆無線LANのサービスでしょう。

UQ WiMAXだとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。

どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか使わないので、室内がすっきりします。
光インターネットだとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。モデムは毎月レンタル料が必要で、毎月の使用料金に上乗せされます。
そして、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますけど、無線カードを使用する際はレンタル料金を請求されてしまいます。