WiMAXのギガ放題プランに申し込むと

Posted on 6月 9, 2016 in IT

周知の通りWiMAXには速度制限がありますが、それほど厳しいものではありません。
WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。また、混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。速度制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信速度はキープされます。

ワイマックスってサービスがあるのですが、このサービス、速度制限が厳しすぎず、ある程度使い勝手の良い点が特長となります。って事で、ある程度は通信を行なう使用目的があるのであれば、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。
通信制限を考えたくないのならば、検討してみましょう。
WiMAXのサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているとこもあります。

具体例を出すと、DTI WiMAX? 2+と言うプロバイダのケースだと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。
DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やレジャー施設、更に、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。(Speed Wi-Fi NEXT W02をタダ同然の価格でゲット!を参照に)
展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書ききれない程対象となるサービスは幅広いですから、色んな人に価値を感じて貰う事が出来ます。WiMAXを使用する時に、注意すべき速度制限が二種類あります。一つ目が、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限と呼ばれているものがあります。次いで、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものです。

ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。

ですけど、混雑回避の為の速度制限は適用になります。WiMAXのサービスの中において、最もサポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を最も持っていますし、問題が起きた際の対応も最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も最長なのです。だけども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店と契約を行なうと言う手段もあります。代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用出来ると言った良いとこ取りが出来ます。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。

 

他にも、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま受け継ぎ、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。当然の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しつつのインターネットにも対応してます。ここ最近のインターネットサービスの動きを見ていると、結構人気のモバイルインターネットサービスが出て来ました。
持ち運んで使用する事が出来ますので、非常に使い勝手が良いインターネットサービスと言えるのでは無いでしょうか?モバイルと言うと、不安定さを感じる方もいるでしょう。けれども、モバイルを取り巻く環境は整備が進み、通信状況は安定しています。と言う事なので、モバイルは無線だからと言ってもバカには出来ません。WiMAX通信を行なう端末は、毎回新しい機能が追加されたものがラインナップされています。際立って、通信速度の改良は目を見張るものがあり、今のところ、下りの最大の通信速度が220Mbpsと言うスペックに達しています。ただし、近頃は通信速度よりも、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。最新WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。と言うのは、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。その為、製造会社及び使用者的には、ここを意識しているのです。WiMAXを取得すると、WiMAX本体しか必要ないので、部屋の中がすっきりします。

 

光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムは月々レンタル料金が必要で、月額使用料金に上乗せされます。方法として、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですが、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。
WiMAXサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。

そう言う理由から、auと連携したサービスがいくつか存在します。
そんな中でも代表的なものが、auスマートバリューmineでしょう。WiMAXの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が割引きされるサービスです。

WiMAX通信機は通常の値段が20000円しますし、クレードルセットで22750円も掛かります。

それなりの値段となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。
ですので、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そんなプロバイダを選択すると良いです。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。
対象のWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。
WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良いですから、とても評判の良いサービスとなっています。
WiMAX通信に対応したデータ通信機器は、次々と新しいものが発売されます。個々により性能が異なり、快適さも異なります。その中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売開始です。このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

WiMAXを利用していて思うメリットは、いくらかある様に感じます。まず思い付くのが、無線の通信回線ですので、どこにいてもインターネットにアクセスする事が出来ると言う点です。

 

次に考えられるのが、モバイルの通信規格と言う点で、ネット回線工事が必要ありません。

なお、インターネットの回線工事は不必要と言う事で、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。
また、速度の制限が厳しくないと言うところも、WiMAX人気に通じる部分と言えます。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、普段3種類のプランがあります。
28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。加えて、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。時々、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランではありません。

モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスがあります。例えばですが、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。
速度制限が無いサービスではありますけれども、上り下りの最大通信速度は3Mbpsほどしか出ないです。この通信速度、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。ですので、速度制限無しと言っても、WiMAXで言えば、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。
WiMAXを契約すると、その機能性の高さにビックリさせられます。
私が契約後に思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルじゃ無くなるのです。

電器屋で、光回線を勧められました。WiMAXを既に使用している私ですし、お分かりの通り、必要ないものです。
と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、驚くような回答が返って来ました。
WiMAXなんて、天気の悪い日は受信が悪くなるでしょう?なのですが、これまで毎日のように使っているWiMAXではありますが、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。大雨の中であっても、WiMAXへの悪影響は経験した事がありません。WiMAXサービスの月々の料金ですけど、驚く事無かれ、契約先により金額が異なります。

具体的に言うと、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は毎月の料金が割引きされます。更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高額になります。

 

こんな感じで、各契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを分かった上で申し込み先を検討しましょう。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダがあります。

このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。
本来は月々500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。WiMAX端末の機種においては、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線に対応しているものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率99%と言う通信回線で、幅広いエリアで利用出来ます。
更に、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますから、奥まった場所にまで電波が行き届きます。

難点としては、一度でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、速度制限が適用されます。UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約プランが一般的です。
なぜなら、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。合わせて、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になる為、最後には、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

 

500円と聞くと大した金額ではありませんけど、値引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん重なって大きくなります。

WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのバリエーションの豊富さも人気の秘密です。

 

それだけではなくて、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。

 

なおかつ、保証内容もしっかりしているので、それが人気を支える大きな要因となっている訳です。

 

評判のWiMAXに関する口コミサイトを見ていると、良い意見ばかりではありません。

例として、通信が安定しないだとか、そう言う悪い口コミもあります。

 

ですが、WiMAXの受信状況は日々向上しています。
そう言う訳ですから、現状と口コミの内容が食い違うと言う事もしばしば起こり得ます。
WiMAXについて口コミサイトを調べる際には、投稿された日付けを確認するようにしましょう。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。
そんな訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。そして、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。

WiMAXの良い所は、無線通信を行なう事が出来ると言う点が一番大きいです。
無線を使うと言う事で、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。

なおかつ、WiMAX機器はポケットサイズですので、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。諸々の点を考えると、タブレットとの組み合わせが良いです。である為、タブレットの無料プレゼントを行っているWiMAXプロバイダもあります。

WiMAXサービスに申し込んだ事で、私の生活は大きく一変しました。
一番変化が大きかった事は、スマホ通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。

 

Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。
そう言う流れで、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れる状態になりました。最近のUQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用して、日本の人口カバー率99%を超える、とても受信しやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が行き渡りやすいです。

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も増えて来ています。WiMAX通信に対応した機器の大きさは、スマホよりもコンパクトです。

だから、持ち出しに便利です。

 

ポケットに入る大きさですし、重さや厚みも大した事なく、ポケットがパンパンになる事もないです。
WiMAX端末は、スマホアプリを使用して操作可能です。

そう言う事で、WiMAX対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使使う事も出来ます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応し、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比べると、一回りくらい広いエリアでの通信を行えます。
そして、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。