モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから

Posted on 6月 13, 2016 in IT

最近のインターネット業界は、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。

持ち運んで使用する事が出来ますので、とても利便性が大きいのが特徴です。そう言う面とは逆に、モバイルに対して問題無くインターネットの通信が行えるのか気になる部分はあります。

だけど、モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。と言う事ですので、そんなモバイルに対して、バカには出来ません。近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX機器も登場しています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用して、日本の人口カバー率99%を超える、かなり受信しやすい通信回線です。

800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。(WiMAXのキャンペーンでGMOとくとくBB WiMAX 2+がお勧めな訳から)
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がって来ています。

URoad-StickはUSBサイズの軽くコンパクトなWiMAX端末で、持ち運び性が良くて便利です。URoad-StickをUSBポートに接続する事で、そこから電気をまかないながら使用する事が出来ます。

難しいセットアップも不要で使用出来ますから、そんな手軽さが人気のWiMAX端末となっています。

対応している通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が可能です。

WiMAXサービスの月々の料金ですが、驚いた事に、契約先によって料金が異なります。具体例を挙げれば、Broad WiMAXは初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が値下げされます。

 

更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、契約25ヵ月目からの月額料金は高くなります。こんな感じで、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を検討しましょう。
WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限は二種類あります。

ひとつ目が、月間データ量による速度制限って言う、7G制限って言われているものがあります。二つめが、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。

ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外になります。

 

だけども、混雑回避の為の速度制限に関しては適用されます。

Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。
そのテクノロジーによって、下り最大通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになる訳です。
その他には、Bluetoothにも対応してますので、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比べると、一回り広いエリアでの通信を行えます。
他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。電器屋さんで、光回線に入りませんかと、店員さんに話をされました。
WiMAXを既に使用している私ですし、当然ながら、光回線は不要です。
そんなわけで、店員に対して断りを入れると、驚くような回答が返って来ました。
WiMAXって、強風の日とか使えなくなるでしょう?とは言うものの、ずっとWiMAXを使用して来た経験から言うと、WiMAXが天気に左右され、使えなくなる等と言う事は一度もありません。
台風直撃の最中であっても、WiMAXへの影響は何も見られませんでした。WiMAX機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う利便性の高い通信回線で、幅広いエリアで繋がります。

 

合わせて、800MHzのプラチナバンドを使用してますから、奥まった場所まで電波が届きます。代わりに、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、通信制限が普通に適用されます。
nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を利用する事が可能になります。

 

WiMAX端末を所持してなくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判のあるサービスとなっています。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開していて、そのラインナップの多さも人気の秘密です。だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。それに加えて、サポート体制もしっかりしているので、それが評判を支える大きな要因となっているのです。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。更に、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。

勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しつつの通信も可能です。
WiMAXサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。他モバイルインターネットサービスなら、速度制限が怖くて映画など見てられません。問題ない事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。一方、WiMAXなら堂々と映画が観れますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXサービスの中において、最もサポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。

 

WiMAXサービスに対してデータベースを一番持っていますし、トラブルが起きた際の対応も最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も一番長いです。しかし、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店に申し込みをすると言う方法もあります。

 

代理店だとキャンペーンの中身がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。WiMAXと契約を申し込む折、様々なキャンペーン特典が付与されます。中でも便利なのが、公衆無線LANサービスです。

 

UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスとなります。UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約が一般的です。

と言うのも、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。また、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結果的に、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。
500円と聞くと高額な金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。

 

月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。びっくりするほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダであると言えます。

しかしながら、auスマートバリューmineに非対応ですので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。また、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までだけ対応となっている為、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。UQ WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか必要ないから、家の中がすっきりします。

 

固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、月額料金に上乗せされます。

他には、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器なので、バッテリーが組み込まれていない関係から、利用目的は室内利用だけに限られています。そんな部分はありますが、可動式の高性能アンテナが外部に取り付けられており、受信性能の高さがウリの一つとなっています。
合わせて、一度に16台もの機器をWi-Fi通信可能ですし、2台の機器を有線で通信する事が出来ます。また、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードに対応していますから、帯域制限を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。WiMAXの通信を行なうには、専用のWiMAX端末を使用する必要があります。新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、WiMAXの魅力はどんどん上がる一方です。例として、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使い分けが出来るようになりました。

しかも、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
そのワケとして、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからです。そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新しく導入されました。他にも、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対策がしやすくなりました。

WiMAXサービスを導入した事で、私のライフスタイルは一変しました。一番変わったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は浪費しなくなったのです。ですから、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れる状態になりました。
WiMAX通信機は通常の値段が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円も掛かります。

それなりの価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなります。
ですから、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選べば良いです。

 

WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、いくつか存在します。
まず思い浮かぶのが、無線のネット回線なので、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。次に思い浮かぶのが、モバイル回線って事で、ネット開通に伴う工事は不要です。
なおかつ、モバイル回線って事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。更に、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXのメリットと言えるでしょう。Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な部分が特徴のWiMAX端末です。

その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事によって、従来の二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う機能にあります。

そして、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言った広い通信エリアを利用する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵していませんから、USBポートから常に給電しながら利用するタイプのWiMAX端末となります。
WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。

このプロバイダが展開しているWiMAXサービスなのですが、1年間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

このセキュリティサービスですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。
月額500円のサービスですから、6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。無線を使うと言う事で、色々な場所でインターネットを楽しむ事が可能となります。

加えて、WiMAX端末はポケットサイズですから、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。

そんな部分を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運ぶと良いです。そう言う理由で、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。

WiMAX通信に対応した機器のサイズは、スマホよりも小さいです。そう言う事で、持ち運びするのに便利です。ポケットに収まる大きさですし、重さや厚みも大した事無くて、ポケットに入れても余裕があります。ワイマックス機器は、スマホアプリを使って操作可能です。

ですから、ワイマックス機器をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。
WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、期間内に解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。

それだけ長い契約期間になっていますので、きちんとしたところに申し込みを行いたい所です。
意外と見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のサポートセンターの応対です。
電話対応が平日のみだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダもありますから、ちゃんと考慮してから契約を行いたいものです。

WiMAXの端末は、日々高性能化されています。

 

中でも、通信速度の改良が目立ち、現在のところ、最大の通信速度が下りで220Mbps出ます。

 

しかしながら、この頃は通信の速さよりも、通信量の表示機能に対して注力されているようです。

 

新型WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。どうしてかと言うと、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、この適用が厳しくなって反発するユーザーが続出したのです。
そう言う訳で、メーカーもしくはユーザーとしては、ここを意識しているのです。