WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと

Posted on 6月 14, 2016 in IT

WiMAXと言うモバイルサービスの提供元は、auの子会社になるUQコミュニケーションズです。
と言う訳で、auと連携したサービスが複数存在します。
そんな中でも代表的なものが、auスマートバリューmineになります。

WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。
WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を取られてしまいます。
それほど長い契約期間になっていますから、しっかりとしたとこと契約を行いたい所です。
結構見落とされがちなのが、各契約先のカスタマーサービスの対応です。コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダも少なくないですから、ちゃんと判断してから申し込みを行いたいものです。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。(WiMAXとiPod touchを組み合わせて、iPhone代わりに!?より抜粋)

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。

 

そして、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま踏襲し、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しつつの通信にも対応しています。WiMAX通信専用のデータ端末は、次々と新しいものが開発されます。それぞれによって性能が違い、スペックも違います。そんな中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。

このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、以前はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、少し他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。そう言う訳で、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然違います。

具体的には、3回線を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、他のプロバイダでは提供されていません。WiMAXの専用端末は数種類あります。

 

新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、WiMAXの魅力はどんどん上がる一方です。例を挙げれば、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が新機能として追加されました。
他には、通信速度が毎年速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された時も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機としてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を採用し、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。

更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いな訳です。WiMAXサービスの月額料金ですけど、驚く事に、契約先で金額が違います。例として、Broad WiMAXの場合、最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が割引きされます。

他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高くなります。
このように、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。

 

電気屋さんで、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。

私にはWiMAXがありますから、勿論ですが、そんなものは不要です。販売員に必要ないと伝えたところ、想像もしてなかった返答をされました。
WiMAXと言うと、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?しかしながら、3年間WiMAXを使用して来た経験上、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。
台風の中でも、WiMAXの受信具合が落ちたり等と言った経験は一度もありません。ワイマックスってインターネットのサービスですけれど、このサービスって、通信制限の規制具合が厳しすぎない点がポイントとなります。そこで、結構、インターネットの利用を行なうと言う人ならば、特に気になるモバイルサービスでは無いでしょうか?帯域制限を気にせずにインターネットを行いたいというのであれば、導入するのも良いでしょう。UQ WiMAXのサービスの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言うところにあります。他のモバイルインターネットサービスだと、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。

大丈夫な事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?そんな中、WiMAXなら堂々と映画が視聴出来ますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
UQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。
au 4G LTEはauの通信回線を使用し、日本の人口カバー率99%を超える、非常に受信しやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドなので、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がっています。WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線に対応しているものもあります。

 

au 4G LTEは人口対応率99%の通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。
それに、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、隅々まで電波が届きます。
他方で、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が適用されます。URoad-StickはUSBタイプの軽くコンパクトなWiMAX端末で、持ち歩きが楽で便利です。URoad-StickをUSBポートに接続する事によって、そこから給電しながら使用する事が可能です。

 

難しいセットアップも行わずに使用出来ますから、そんな手軽さが評判のWiMAX端末となっています。使用出来る通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が可能です。
WiMAX通信を行なう為の機器は、どんどん高性能化されています。
際立って、通信速度の向上が目立ち、現在は、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。
とは言っても、最近になって通信の速さより、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。最新WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。

と言うのは、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にした速度制限、この適用が運用されるようになったからです。その為、メーカー及びユーザーとしては、ここに対しての関心事が高まっているのです。
WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、幾つか存在します。
契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、この点、留意する必要があります。

 

たとえば、WiMAXとタブレットの両方が欲しいと言うのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+がそう言うキャンペーン展開を行っています。

 

この様に、各キャンペーン毎にお得感は異なって来ますから、それぞれのプロバイダのキャンペーン内容をしっかり調べるようにしたいものです。

 

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX端末です。

これだけ速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現可能にしている訳なのです。
だけども、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限りがある為、選択可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、月額料金の決済ごとにGMOポイントが100pt貯まります。貯まったGMOポイントはBBウォレットと言うサービスで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が出来ます。BBウォレットの口座にお金を振り込んでおけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いとして使用されます。また、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに使用する事も出来ます。モバイルのインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスがあります。具体例を出すと、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEがあります。このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。この通信速度、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。

ですので、速度制限が無いとは言えども、WiMAXを例に出すと、速度制限がずっと続くようなものです。WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているところもあります。
具体例を挙げれば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。
DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やテーマパーク、更に、温泉施設やインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。

映画やミュージカル、美術館や展覧会など、書ききれない程対象となるサービスは幅広いですから、さまざまな方に価値を感じて貰う事が出来ます。WiMAX通信機の大きさは、スマートフォンよりもミニサイズです。

と言う訳で、外に持ち出せます。ポケットにも楽々入りますし、重量も厚みも大した事無くて、ポケットに入れた状態で座っても大丈夫です。

ワイマックス機器は、スマートフォンアプリを使って操作可能です。
と言う事で、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、その状態で使用する事も出来ます。

モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、通信のし過ぎによって速度制限を掛けられてしまう事を考慮しておく必要があります。

他のモバイルインターネットサービスと比べると、厳しい速度制限を設けていないのがWiMAXです。
だけども、速度制限が適用されるケースもありますから、速度制限が掛けられる基準を知っておくのが良いでしょう。

とは言っても、速度制限が適用されてしまっても、YouTubeの動画位なら普通に観れる通信速度は確保する事が出来る様にはなっています。
WiMAXを取得すると、WiMAX本体しか使わないので、部屋がさっぱりします。
光インターネットだとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。

 

モデムは月々レンタル料が必要で、月額使用料金に追加課金されます。
他には、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。
周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなにハードなものではありません。

 

WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がありません。

混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。
帯域制限が掛けられた時であっても、動画の視聴が可能な通信速度は維持されます。

 

WiMAXを使っていて感じる利点は、複数思い浮かびます。

一つ目が、モバイルのネット通信ですから、どこからでもネット通信に対応しています。

二点目が、無線のネット回線なので、インターネット開通工事が不必要と言う点が挙げられます。加えて、インターネット開通工事が不必要と言う事で、低負担でインターネットサービスを利用する事が出来ます。

更には、速度制限の規制が厳しくないと言う点も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。
UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間の契約が基本です。

その理由ですが、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。また、申し込みから26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結果的には、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。
500円と聞くとそんなに大した金額ではないですが、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、お得感はどんどん重なって大きくなります。WiMAXサービスを契約すると、この利便性の良さに驚かされます。私が感じたのが、速度制限が厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですけど、通信制限のせいでイライラする状況が無くなりました。
UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。
毎月の費用の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが存在します。
びっくりするほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダだと言えます。ただし、auスマートバリューmineには対応していませんから、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。

 

しかも、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な部分が特徴のWiMAX機器です。
その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う機能にあります。

 

それに加え、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんから、USBポートから常に給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。

WiMAXサービスの利用の際、料金プランが幾つかあります。プロバイダにより少し違いはあるのですが、大体、2種類の料金プランがあります。

その料金プランは何かと言うと、ギガ放題プランと言う料金プランと通常プランと言う料金プランです。ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、月間通信量による速度制限の無い料金プランとなります。

一方、通常プランは安いと言うメリットがあるものの、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。
自分の通信環境に合わせた形で、一つだけ料金プランを選ぶようにしましょう。