キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も

Posted on 6月 22, 2016 in IT

WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。
専用のWiMAX端末は定期的に新製品が登場し、WiMAXはどんどん利便性が増しています。

WiMAXの回線も新技術が採用されていて、WiMAX回線を使った通信しか出来なかったWiMAX端末に、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。

更に、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。URoad-StickはUSBタイプの軽量かつコンパクトなWiMAX端末でして、そんなところから持ち運びが楽で便利です。URoad-StickをUSBポートに挿し込む事により、給電しながら使用する事が可能です。難しいセットアップも不要で使えますから、そんな簡便性が人気のWiMAX端末となっています。対応している通信回線はWiMAXやWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が可能です。周知の通りWiMAXには通信制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。ギガ放題プランで契約すれば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限はありません。また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。通信制限が掛けられた時であっても、動画の視聴が可能な通信速度は維持されます。
光インターネットサービスが主流ではありますけれども、結構人気のモバイルインターネットサービスが出て来ました。好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、利便性が格段に上がります。
モバイルのインターネットサービスは、安定性がどれほどなのか気になるところです。ではありますが、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、通信状態は安定しています。(WiMAX 2+サービスを好条件かつ最安で利用するには?より)
と言う事で、モバイルって事ではありますが、使えないと言う事は無いです。
UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX機器です。
こんなに速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションにあるのです。この3波を使用したキャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。だけど、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがあるので、選択可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。

UQ WiMAXサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。他社モバイルインターネットなら、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。
問題ない事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。

そんな中、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
近頃、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが登場しています。例えば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。

 

あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。どっちの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。

WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。具体例を挙げると、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。

DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やテーマパーク、更には、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が出来ます。映画やミュージカル、美術館や展覧会など、書き尽くせない程対応するサービスは幅広いですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。
他にも、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。当然の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しつつのインターネットにも対応しています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広範囲での通信を行えます。更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の全く違うところと言えます。
電機屋にて、光回線に興味は無いかと店員に尋ねられました。
私はWiMAXユーザーですから、ご想像の通り、光回線の契約は考える余地も無いです。ですので、店員に対して不要と言う気持ちを伝えると、びっくりする回答をされました。
WiMAXって言えば、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?ですが、これまでの経験上、台風や強風でWiMAXが使えなくなるなんて事は一度足りともありませんでした。強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXの受信具合が落ちたり等と言った経験は一度もありません。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーン対象となるWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくとも使用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いですから、とても評判の良いサービスとなっています。
WiMAXサービスの契約の期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本で、契約期間内に解約手続きを進めた場合は契約解除料が掛かってしまいます。
始めからの13ヵ月間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の間の契約解除料としては14000円、26ヵ月目以降となる契約解除料は9500円となります。

なお、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料の設定金額はハードとなっていて、最初の25ヵ月の間の契約解除料の設定金額は24800円、26ヵ月目以降の契約解除料は9500円となります。
だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合は契約20日以内の解約に対して契約解除料が請求されませんので、ひとえにハードだとも言い切れません。大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、速度制限に注意しながら使用する必要があります。他のモバイルサービスと比較すると、そこまではWiMAXの速度制限は厳しくないです。かと言って、速度制限が適用されるケースもありますから、そう言う配慮も必要となります。
ですが、速度制限の対象内となった場合にも、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。
UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間契約プランが基本です。その理由は、25ヵ月間継続の契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
また、申し込みから26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結果的に、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。
500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんが、割引きは毎月の事ですので、リーズナブル感はどんどん重なって大きくなります。
WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。

このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、1年間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。本来は月々500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。そのワケとして、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。
そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。

 

そして、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対応がしやすくなりました。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの豊富さも評判な理由です。ですけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。
更には、保証内容もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな部分となっているのです。WiMAXサービスの利用の際、料金プランが幾つかあります。

 

プロバイダ毎でそれぞれの料金プランがありますが、大まかに分けると2種類の料金プランが存在します。
その料金プランですが、ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります。ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、それ以上にお得感あって、たっぷりと通信を行なう事が出来ます。

逆に、通常プランは安いですが、その分だけ速度制限の規制が厳しいです。自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、料金プランの選択を検討すると良いでしょう。モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスが存在します。

例えばですけど、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、下りの最大通信速度はたった3Mbpsしか出ません。
ぷららモバイルLTEの通信速度って、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅いです。そう考えると、速度制限が無いとは言っても、WiMAXで比べると、いつも速度制限状態と変わりありません。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貯まります。貰えたGMOポイントはBBウォレットで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用する事が可能です。

BBウォレットの残高に現金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。

 

そして、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに利用する事も出来ます。WiMAXサービスの月額料金ですが、なんと、契約先で金額が異なります。例として、Broad WiMAXの場合は初めに高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が値下げされます。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですけど、契約25ヵ月目からの月額料金は高額となります。
こう言った感じで、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。

WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、複数思い浮かびます。まず思い浮かぶのが、無線のネット回線なので、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。次に考えられるのが、モバイル回線って事で、ネット開通工事は行なう必要ありません。更に、インターネット開通工事が不必要と言う事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。

なお、通信量による速度制限が厳しくないところも、WiMAX人気に通じる部分と言えます。
GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に利用出来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額料金362円のサービスもあります。
このオプションサービスは一体何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを使用出来るサービスの事です。

サービス対象となるアクセスポイントは全国10
000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで使用する事が可能です。

 

Wi2エリアの中には別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した料金分はGMOポイントで還元して貰えます。

 

UQ WiMAXを契約すると、WiMAX機器しか使わないので、家の中がすっきりします。
固定回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、月額料金に上乗せされます。手段としては、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。
URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器で、バッテリーが組み込まれていない関係上、使用用途は屋内使用のみに限られています。
そんな面はありますが、可動式の高利得アンテナが外付けになっており、受信性能の良さが特徴の一つとなっています。

 

加えて、同時に16台もの端末をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線通信する事が可能です。

更に、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますので、速度制限を気にせずインターネットを利用する事が可能です。
WiMAX通信に対応した機器の大きさは、手のひらサイズです。
ですから、携帯するのに便利です。ポケットからはみ出さない大きさですし、重さや厚みは大した事無くて、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。
WiMAX通信機は、スマホアプリを使用して操作可能です。

ですから、ワイマックスルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事も可能です。

 

前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、ポジティブな意見ばかりではありません。

 

例として、建物の中では電波を拾わないだとか、そう言った否定的な口コミもあります。
そんな状況ではありますが、WiMAXの受信状況は日々向上しています。

そんな訳で、口コミの内容が全てとは言えない状況下にあります。
口コミサイトでWiMAXについて調べる事もあるでしょうが、古いものは信ぴょう性が落ちると認識しながら読みましょう。WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは、数社存在します。
各プロバイダで契約内容に違いが出て来ますので、その辺り、留意する必要があります。
一つの例ですが、WiMAXとタブレットの両方が欲しいと言うのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+がそう言うキャンペーン展開を行っています。
こう言った様に、それぞれの契約先で契約の内容が異なりますから、慎重に契約先は選ぶのが望ましいです。

 

新たにWiMAXサービスを導入した事で、私の生活は一変しました。最も大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は消費しなくなったのです。

 

ですから、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。