とろとろの自家製牛スジ食事にはまっていらっしゃる。

Posted on 6月 29, 2016 in その他

昔から肉の脂や鶏皮のぶよぶよとした手触り

昔から肉の脂や鶏皮のぶよぶよとした手触り、至っていえないくささが大嫌いで牛スジも避けてきていました。 そういったある日それぞれといった居酒屋に行ったとき、それぞれが牛スジの煮込みを頼んだので、尽力メンタルで最初口食べてみました。

そうしたら誠に軟らかい!臭くない!不可解でした。牛スジ放散の際でした。 数か月後々、ついついデパートでグラム99円の牛スジを見つけ、自分でも焼き上げるのでは…?といった思い立ち仕入れ! あく不要などまだまだ手間は要するものの、重圧鍋で煮込んだ牛筋はおランチタイムよろしくのやわらかさでした。

牛スジの魅力はどうしてもコラーゲンだ。煮込んも煮ひずみせずプルプルホロホロ。 最初は味噌煮込みからスタートし、赤ワイン煮込みやカレーまでレパートリーが広がってきました。 再度気軽に焼き上げるようにという新しい重圧鍋まで購入し、全く牛スジの虜になりました。

但しデパートで売るものは第三国産の少ない牛スジなので、そのうち国産の牛スジも調理してみたいものです。

カードローン 審査 甘い