「かぼす湯船」

Posted on 7月 26, 2016 in その他

既に卒業してからなかなか経ちますが、平年高校生知人からお年にウェルカムパーティーを開いてください。
7他人一団のお知人なんですが、平年お手伝いを交換しているんです。

歳を甚だそれが快楽だったりするのですが、
最近は更に人気が尽きてしまって原資を出し合い本人が欲しいものを購入してあげるのが
しきたりになってきました(笑)

私の今年のお手伝いはローラー範疇美顔器にしました。
お肌をじんわり温めてもらえるヒーターが内蔵されていて僅か使うだけで血行が良くなっているのを感じます♪お知人からかぼすを頂きました。家屋に実ったらしく30個周辺カバンにどしどし頂きました。
ただ、家ではなじみの無い かぼす…。
どうして食して良いのやらチンプンカンプンだ。
果汁として何かに入れたりするのがいいのかな?とも思いますがとってもわかりません。

そこで、輪切りにしたかぼすを贅沢にお湯船に浮かべて「かぼす湯船」としてみました~。
柑橘系のいい香りに包まれていつものお湯船プログラムをしながら長湯船だ♪
少々たくさんあるので少々は立派湯船を楽しめそうで~す。

エレメントで超絶のレジをしているのですが、目下普通に「女性」と言われて仕舞う事が寂しく思います。
ここで絡み始めて2世代視線になるんですが、昨年迄はお客様に「お姉さん」と言われるほうが多かった気がするんです。
やっぱ「レジエレメントの中年」というイメージがあるので
最初のうちは「女性」といううたい文句にも神経質にはならなかったのですが、目下だと多すぎて虚しくなります。

お肌の乾燥や不潔がファクターなのかと思い、必死にアンチエイジングに取り組もうという決意したぐらいなんですよ(笑)3歳の小児が「キュウリが食べたい!」と言い出しました。
俺はキュウリ…ニガテなのでちゃぶ台には全然芽生えることが無い代物だ。
「必ずや?」って聞き返したほどなのですがおばあちゃんに出してもらって食べたりしたのかな?と思ったので念願のきゅうりを輪切りとしてちゃぶ台へ。

そうすると小児が「キュウリじゃない!!!」と言い出しました。
本当はキウイだったみたい(笑)

家には誰もキュウリマニアがいなかったので輪切りのままその夜のプログラムにしましたよ~。
昔のテレビジョンドラマもののあのキュウリプログラム。。。到底自分が実践するとは思いませんでしたが(笑)

vio 脱毛 横浜の優良サロン