痩せるスープによってダイエットをする方法

Posted on 8月 30, 2016 in 美容

痩せるスープの材料は、キャベツ、玉ネギ、セロリ、ピーマンなどです。これらを食べやすく切り、トマト缶と共に鍋に入れて、チキンスープやコンソメスープで柔らかくなるまで火にかけます。1週間のダイエットの間ずっと使うものですので、3日分くらいをまとめてつくってもいいでしょう。

痩せるスープをスケジュール通りに飲むようにします。最初の日は、果物と痩せるスープだけを摂取します。果物はバナナ以外のフルーツならOKで、飲み物は水か、100%の果汁ジュースのみに限定します。2日目は、痩せるスープのほか、ベイクトポテトや野菜です。コーンや豆類は除外してください。

翌日は痩せるスープと果物と野菜、その次の日は痩せるスープの他にはバナナとスキムミルクです。スキムミルクを摂取する時は500mlの水に溶かし、かさ増しをします。水は余計めに摂って構いません。5日目に食べていいのは、トマト、痩せるスープ、肉類です。肉は豚肉、ささみ、煮魚のいずれかです。

6日目は、スープと牛肉と野菜の日で、牛肉は特に量も決まってないので好きなだけ食べる事ができます。最後の日は、野菜、果物ジュース、玄米、痩せるスープになります。痩せるスープを使ったダイエットを行っている間は、栄養バランスが日頃と大きく変わります。1週間という限られた期間での痩せるスープダイエットは、無理せず行うことが大事です。

VIOの処理おすすめは?