遺伝子検査とお酒の関係

Posted on 8月 31, 2016 in 健康

人間は肝臓であるイコールを分解しますが、その時に必要となるのがアルコール脱水素酵素とアセトアルデヒド脱水酵素です。
これらがどのように働くかと言う事を調べる事によって、お酒に強いかどうか、遺伝子を調べる事によって判断する事が出来ます。
それが遺伝子検査で、唾液を採取するだけで簡単に行う事が出来る検査です。

この遺伝子検査によって分かる事は、お酒に酔いやすいかどうか、代謝能力がどうなっているかと言う事です。
またアルコール依存症度が高いかどうか、健康障害のリスクが高いかどうかという事も分かる為、どのようにアルコールと付き合っていく事が出来るのか、付き合っていく必要があるのかと言う事も分かります。

従来、お酒は飲み続ければ慣れて行くという風に言われる事もありましたが、どれだけ飲む事が出来るのかと言うのは訓練する事によって変化するものではありません。
無理に飲んでしまうと人によっては健康被害を起こすリスクも高くなってしまう為、遺伝子検査によってお酒に対する適正を調べる事、さらにその結果によってアルコール体質がどうなっているかを自分で理解し、周りにも伝える事によって、体質に合ったアルコールとの付き合い方が出来るようになります。
マイコード