新生活の始まりと畳

Posted on 9月 14, 2016 in 生活

夫の親と同居することになりました。


我が家が、今現在夫の親が生活している家に入る形です。
一応キッチンとリビングは別なので、完全同居とは違うかもしれませんが・・・。

キッチンは新しく作ってもらったのですが、キッチン以外は、これまで親が使っていた部屋をそのまま譲り受ける形です。
古い家ですが、親がきれいに使っていたので、特に手直しする必要性は感じませんでした。
私たち家族は、キッチンを作ってもらっただけでもありがたく、それ以上は何も望まなかったのですが、あるとき親の方から電話があって、
「せっかくだから、畳も新しくしたら?」
と言われました。
「いえいえ、綺麗ですし、もったいないので、今のままで十分ですよ」
と私は断ったのですが、
「でもね、せっかくこっちで新しい生活を始めるのだから、畳くらい新品にしたら?そのほうが気持ちいいわよ」
と強く勧められ、結局、甘えることにしたのでした。

もちろん、新しい畳は気持ちのいいことでしょう。
でも、我が家には、いたずら盛りの子供が二人もいます。あっという間に汚してしまいそう。
せっかくの新しい畳が汚れていくのを見るのも、なんだか切ないような・・・。だったら、とりあえず古いまま使わせてもらって、数年後子供たちがいたずらをしなくなってから、新しく替えたほうがいいのでは??と最初は思っていたのですが・・・。

しばらくして、私たちは親の家に引っ越しました。
古い家だけれど、新しいキッチンに私はウキウキ。
・・・そして、新しい畳!
あんなに「古いままでもいい」と思っていたのに、いざ新しい畳が敷き詰められた部屋に入ってみると、なんて気持ちがいいことかと思いました。この新しい畳特有の、何とも言えない清らかな香り・・・。
夫の親への感謝の気持ちが溢れました。
正直、ちょと不安に思っていた同居生活でしたが・・・新しい畳のおかげで、気持ちの良いスタートが切れたのでした。
三条たたみ