解体工事にあたって悩むこと

Posted on 11月 29, 2016 in 不動産

 

さて、いざ解体工事ということになった時、意外とどうすればいいのか分からないという事例が幾つかあります。
その一つに神棚が家にあった場合。
今では神棚を置く家も特に都会ではあまり見られなくなりましたが、少し地方ですとやはり神棚を置く家はまだまだあります。
解体工事の前にこの神棚はどう処分したらよいのかというと、
通例ではお祓いをしてもらいます。
建物の解体を行う前に祭儀を執り行うケースもありますので、事前に相談しておけば神棚のお祓いも一緒にしてくれると思います。
解体前の祭儀が無い場合は自分でお祓いをしましょう。
神棚が大きい場合は神社に相談し、神主さんに来て頂きます。
お祓いや、引き取りをお願いしましょう。
小さいものでしたら、清潔な白い布で包み、神社に持って行くと引き取ってもらえます。
もちろん御礼や寸志として数千円から数万円はかかるものと思って下さい。
仏壇に関しても、大体同じようなことで、もう不要であるならば、お寺で魂抜きをしてもらい、引き取ってもらうか仏壇屋さんに持って行くかしましょう。
似たような事例として、庭などに大きな木や井戸があった場合、この場合もお祓いはしておいたほうがいいです。こちらも神主さんにお願いするのが適切です。
解体王