インフルエンザが流行している時などにちょ

Posted on 6月 20, 2017 in その他

インフルエンザが流行している時などにちょっと熱っぽいと感じるだけで心配になります。
感染症でなくても微熱が続いたままで放っておくのはよくないですね。熱があるときというのは体を冷やさないようにするのが大事だそうです。また、体の中が熱を帯びているのでできるだけ水分を摂取するとよいそうです。
とにかく熱があるときは家に帰って早めに風呂に入ってゆっくり休むに限ります。お風呂は少し熱い目のお湯につかって汗をかくとよいそうです。汗をかいた後、冷たい飲み物ではなく暖かい飲み物を摂取する。できればホットレモンやゆず茶など、ビタミンCを多く含むものがよいです。常温であればポカリスウェットなどもよいとか。ビタミンCを大量に摂取するのもポイントです。殺菌効果のあるはちみつを混ぜると飲みやすくなります。
昼間、起きている時に熱を下げるのはなかなか難しいので、夜、睡眠時間を長くとって熟睡し、一気に下げてしまえるとよいですね。
風邪を引きやすい寒い時期には、兆候がみられたらすぐに実践したいところです。