インプラントとブリッジ

Posted on 7月 21, 2017 in 健康

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。
障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。
最近話題になることも多い治療法であるインプラント。
ですが、難点もあるということに気を付けてください。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。
歯を白くする