舌と胃を洗って口臭を改善しよう

口臭は多くの場合、ニンニク臭いです。ニンニク臭くなるのは、ニンニクの入った料理、たとえば餃子や焼売、春巻き、ラーメンなどがあげられます。それらを食べすぎてしまったことで、口の中がニンニク臭くなり、口臭が発生していくのです。これを改善していくには舌を洗う、胃の中をきれいにする必要があります。


舌を洗うのは自分が口から息を吸って吐くとき、のど元からだけではなく舌からも放出するからです。そこで舌を洗えば、たとえ周りがニンニク臭くても、舌だけニンニク臭くなければあまり口臭が発生しなくなります。
胃の中をきれいにするのも重要です。私たちが食べ物を食べると、食べたものの一つ一つが胃の中で吸収されます。その時、ニンニクの入った食べ物を吸収する場合、ニンニクまで吸収しますが、ニンニクの香りだけは吸収できないのです。そのため、胃の中が大半ニンニク臭さを放出しているのです。そこでフレキュアや森永オーラバリアなどを食事の後に摂取することで、胃の中のニンニク臭さを消していく必要があります。徐々にやっていけば、口臭がなくなっていきます。

チルドブレッシュを買ってみたら驚きの効果が・・・!