人類の宿敵

Posted on 10月 31, 2017 in 健康

関節痛と聞くと中高年の人がなるイメージがあります。しかし、中高年の人がなるというだけでは、かなりアバウトな感じです。関節痛について、細かく考えていくと、関節痛の定義というものが知りたくなります。中高年の人がなるのが関節痛であれば、具体的に何歳の中高年の人がなるのでしょうか。

これについては年齢は関係なく、何歳の人でも関節が痛くなれば、関節痛と呼ぶらしいです。つまり、若い人でも関節が痛くなれば、関節痛になるのです。そして、人間は骨の数が200以上あると言われています。人間の関節の数に関しては、200以上あるという骨の数よりも、さらに多くなるそうです。

それぐらいの関節の数があるのならば、何歳の人でも、どこかしらに関節痛がありそうですね。年を取れば関節の動きも悪くなりますし、体重が増えれば関節への負担も大きくなるでしょう。人類が関節痛に悩むのはある意味必然にすら思えます。

グルコンEXのような商品が多くの人に必要とされるのにも納得です。