皮膚の色

Posted on 2月 2, 2018 in その他

皮膚の色についてですけども、皮膚の色は食べ物によって影響を受けるのでしょうか。そのようなことは決してありません。皮膚の色は、人種の違いや、さらには同じ人種最中でも、

遺伝的に親から受け継いだメラニン色素を作る能力の違いによって決定されて行きます。食べ物による影響はほとんどないと考えても良いでしょう。肌はどのような影響を受けることによって黒くなってしまうということができるでしょうか。それはやはり紫外線が大きいということができます。これは紫外線の強烈な採用から内部の組織を守るために、メラニン色素がどんどん合成されてゆくっていうのが理由ということができます。メラニン色素そのものは、実はすぐれた遮光フィルターの役割を果たしているということができます。ですからメラニン色素を悪者扱いにするというのも間違っているということができます。私たちの体を守る上で必要なものということができますので、重要なものということができるのではないかというふうに思います。ボタニスト ハンドクリーム 販売店