カエルのおかげで普段会話しない人とお喋りタイム

Posted on 2月 17, 2018 in その他

ピンポーン、インターフォンが鳴ったのでなんだろう?モニターを見たら宅配便の人。こういう宅配便てエリアの担当が決まっていてネットなどでよく買い物をする我が家には、頻繁に同じ会社の配送がくるので顔を覚えてしまうもの。あれ?今日はいつものおじさんじゃなく若めの人だと思いながら、シャチハタを持って外に出た。荷物自体は数日前に注文していた化粧品。いつものように受け取り、サインの所にハンコを押して「ごくろうさま」と言ってドアを閉めようとしたら「なんだ?」宅配のお兄さんは我が家の玄関横で立ち止まり一点を見つめている。私も気になって荷物を持ってドアを閉めるのをやめて「なにか?気になります?」と聞いてみた。「あ!すいません。これって、おやゆび姫でしたっけ?」そう、我が家の玄関の横には立派な冠をつけた男の人が手を広げたくらいの大きさのカエルの置物が置いてある。「カエル?」と聞いたら宅配のお兄さんが「そうです。このカエルはおやゆび姫ですよね?」いや、実は違うんだけど宅配のお兄さんがカエルに心奪われたのがなんとなく愉快だったので「それは、カエルの王様ですよ。同じグリム童話だけど、ちょっと違いますね。おしい!」と言ってあげたら「あー。カエルの王様でしたか」とすごく納得してくれました。それから、笑顔で帽子を脱いで挨拶して帰りました。我が家のカエルのおかげで宅配のお兄さんと以外な会話ができた日でした。

参考になるサイト