電気会社に就職

Posted on 5月 17, 2018 in その他

自動車メーカーとして有名なポルシェの生みの親ポルシェ博士について書いていきます。

ポルシェ博士は、父親の仕事を手伝った後にウィーンで、ある電気会社に就職しました。ところが6年後にポルシェ博士の才能に目を留めたカロッツェリア、ローナー社にチーフエンジニアとして迎えられるということになりました。ポルシェ博士はここにおいて、電気自動車を設計しました。それは1900年のことですが、ローナー・ポルシェとその車は呼ばれたそうです。この車は、ホイール・ハブないにモータを組み込むなど非常に斬新なアイデアが採用された車でした。さらに、この会社においてポルシェ博士は、ガソリンエンジンによって発電機を駆動するハイブリッド自動車などを設計したようです。ですが、この会社では、余りにも小さいためにみずからの研究開発が思うように進まなかったようです。そのために1906年にポルシェ博士はオーストリア最大の自動車メーカーであるダイムラー社に技術部長として就職することになりました。このときの年は31歳だそうです。車買取 市川