歴史

Posted on 6月 19, 2018 in その他

北海道新聞は全国紙にはかなわないものの、しかし、全国的に見ても販売数は大きく、

ブロック紙の中では中日新聞に次いで規模が大きい新聞社です。この新聞社の歴史について触れてみますが、北海道新聞が誕生したのは1942年のことです。そのときに政府による新聞統制が行われ、小樽新聞、北海タイムス、釧路新聞、函館新聞などの北海道内の11の新聞が統合し、この新聞社が誕生しました。様々な新聞社が合併して一つの大きな新聞社ができたわけですが、しかしこの新聞社の主なルーツとみなされているのは北海タイムスです。北海タイムスが発行されたのは今から130年近く前の1887年です。誕生した時は札幌で当初北海新聞と名乗っていました。その後すぐに北海道毎日新聞に題名を変え、その後、二つの新聞社と合併し、北海タイムスが創刊されました。現在北海道新聞はいくつかのエリアにわかれています。道央本社エリア、旭川車エリア、函館支社エリア、北見支社エリア、釧路支社エリア、帯広支社エリアです。スリムレッグメーカー