ケミカルピーリングの効果

Posted on 8月 12, 2018 in 生活, 美容

ケミカルピーリングは、専用の薬剤を塗ることで皮膚表面の古くなった角質層を除去し、新しい肌細胞を表出させる美容方法です。ケミカルピーリングによって得られる美容効果とは、どういったものでしょう。

古い皮膚は、新しい皮膚ができた時に剥離し、垢となって排出されるものですが、いつまでも古い角質層が皮膚表層に留まっていることがあります。いらない角質層を除去する手段として、ケミカルピーリングが用いられています。肌のターンオーバーが活性化する事により、シミや色素沈着の排出を促したり古い角質が取り除かれるので肌のくすみも改善されます。毛穴に皮脂汚れが詰まっていると、にきびができてしまうので、対策が必要になります。ケミカルピーリングを行うことで、目詰まりを起こした毛穴ごと、角質層を取り除き肌の健康を取り戻すことが可能です。角質層だけでなく、より深い部位にある真皮層にまで影響をもたらすことで、エラスチンやコラーゲンなどの保湿力の高い成分が生成できるようにするケミカルピーリングもあります。ケミカルピーリングを施すとどんなお肌になれるかは、事前の段階ではわかりにくいこともあります。ケミカルピーリングとして使われる薬剤であるサリチル酸マクロゴールは、皮脂を融かす効果を有しているというものです。アンチエイジングには、真皮にまで届くトリクロロ酢酸が最も効果的ですし、逆に敏感肌には乳酸がオススメです。ケミカルピーリングは使う薬剤や、使い方によって色々な差がありますので、自分の肌の状態に合わせて選択するといいでしょう。
http://www.elizabethwestmark.net/