摂取量と消費量を意識してダイエット

Posted on 9月 13, 2018 in 健康, 生活

一日に使うカロリーが、一日に体内に取り入れるカロリーより多ければ、ダイエットになります。1日の食事から摂取するカロリー量と消費するカロリー量を気をつけていれば体重を減らすことができるのです。人体は、健康で生きていくために、絶えずカロリーを使っています。

呼吸や、心拍や、少し体を動かすためにも、カロリーを燃やしてエネルギーにします。これがいわゆる基礎代謝と呼ばれるものであり、1日に消費するエネルギーは年代や男女によっても違います。基礎代謝と年齢との関係は、年をとるにつれ低くなっています。食事の分量や、運動量を決める時には、まず自分の基礎代謝がどの程度であり、カロリー摂取量をどうすればバランスがとれるか知ります。運動をすることで、消費するカロリー量も増加するので、ダイエット効果をさらに期待することができます。使うカロリーを増やすためには負荷の大きい運動をすることです。基礎代謝と運動で消費するカロリーの合計が、体内で使うカロリー量です。体脂肪をさっさと燃やしてしまうためには、食事は摂り過ぎずに、運動量は多くして、カロリー燃焼を促進します。あまりに1日の摂取カロリー数を落としてしまうと、逆に急激なダイエットによるリバウンドを起こしてしまう恐れがあるので注意が必要です。スムーズにダイエットを続けるためには、どのくらいのカロリー摂取量と、運動によるカロリー消費量のつり合いがいいかを見極めることです。http://www.everything-baby.org.uk/