顔のたるみとコラーゲンの減少について

Posted on 8月 29, 2019 in 美容

皮膚の乾燥によりたるみやすくなりますが、その対策にはコラーゲンが必要です。皮膚の表面に適度な弾力があり、重みがかかっても垂れ下がらないようにしていられれば、たるみは解消されます。

肌に適度な弾力が保たされている限りは、肌はたるまず、引き締まります。ところが、加齢によってコラーゲンが減少してくると肌の弾力が失われてしまい、重力に負けて顔のたるみが生まれるのです。紫外線の影響でもコラーゲンは減少して顔のたるみの原因になります。そのため、顔のたるみを増やさないようにするには、紫外線から肌を守ることが大事です。年齢による影響と異なり、紫外線による影響はまだ防ぎようがあります。四季を問わず、紫外線は皮膚に降り注いでいますので、油断しないようにしましょう。気温く、日光が眩しい夏場は、日焼けをしないように肌を守っている人は多く、日焼け止めも使用頻度も多くなっています。オールシーズンの紫外線予防をすることで、顔のたるみを防ぎ、みずみずしい状態を守っていけます。そして、家の中にも紫外線が入り込んできているので注意が必要です。室内だから安心だと思わず、顔のたるみを予防するためには、室内で過ごすときにも日焼け止めを塗って紫外線を防ぐことが大切です。ガラス窓越しでも、紫外線は皮膚に影響を与えていますので、光かある程あるところでは、日焼け止めクリームを使っておきましょう。
小顔プラス